広島でスキューバダイビングを楽しむ生活を! 広島でスキューバダイビングを始めるならL・M・MARINEにおまかせ下さい。

>
Information

Information

新コーススタート!

詳しくは下記へ(TECH HUNT コース)

 

「ブランクダイバーさんはリフレッシュコースを!」

こんな方にオススメ
ライセンスを取ったけど、それから潜っていない方
3ヶ月以上潜っていない方 etc…

 

コース内容 
セッティングから一緒に行います。
マスク・スノーケル・フィンを装着し、まずは身体を慣らします。
慣れたところでタンクを装着、スキルチェック後ダイビング開始!
1日2ボートダイブ
コース料金:¥12,800(器材レンタルなし)~¥15,500(器材レンタル込)

 

 

 

Commercial

タンクレンタル

¥1,600~(1泊2日)

各種タンク 4L~14L(ダブルタンクはお問い合わせ下さい)

ナイトロック用MIXエアー(O2~99%まで) ¥3,200~

 

ボートチャーター

ダイビングボート2艘所有
定員23名ー
¥35,000+燃料チャ―ジ
定員32名ー¥75,000+燃料チャージ

 

 

器材オーバーホール

全メーカーのレギュレーター、BCDのオーバーホールを致します。

Sプロ、SAS、アクアラング、TUSA、マレスのワランティーシステム対応。

 

潜水士による潜水作業随時受け付け

¥21,600~

 

 

 

鵜来島NEWポイント

 

イメージイメージ

ちょっと深いけどまたまた新ポイント発掘!!
ポイント名 
SUB沈

20年かけて発掘したLMのオリジナルポイント(LMでしか潜れないポイント)が数多くあるのです。2010年10月のツアーでまた新たな沈船ポイントを発見したので、ご紹介致します。

2010年10月に発見された鵜来島港沖にある沈船ポイント!!
発見者SUBちゃんからこの名を命名。
沈船の大きさは長さ50m幅20mと思われるが水深50~57mと少し深い。

デジカメで撮影し短い時間の映像もおさめられましたが、まだまだ全貌が明らかになっていないのです。

そのポイントを潜るには、
①ダブルタンクと減圧用のナイトロックス②水中スクーター③テックダイブの三種の神器があるとより楽しい。

2011年1月のツアーでも再挑戦し、そこは魚の住処となっていて、石鯛やスジアラ、イサキやウメイロの大群がぐるぐるしています。
今年挑戦するメンバーを募集しております。

港から行けて、30分は必要な減圧時間も港周り、あるいは湾内の浅場で楽しみながら過ごせる。久々の大HITポイントである。このポイントを無視できるダイバーはいないと思いたい。

 

 

広島の海ってどんなところ??

 

イメージイメージ

広島の海は、どんなに他の海が時化ていても、数多くの島に囲まれているため影響を受けにくく、常に穏やかな海です。
そのため、一年中ダイビングを楽しむことができます。

また、川が多いためいつも山から水が流れ込み栄養価が高く、多くの小魚、それを捕食する大型魚など魚影も濃いです。
日本一の牡蠣の生産量でも有名です。

広島の海でダイビングをした人からは、「思ったより綺麗ですね!」「魚がたくさんいて驚きました!」といった声をよく聞きます。

 
 
 

☆4・5月の海☆
気温15~27℃、水温12~19℃.
4月メバル釣りなどの釣り人が増え、静かだった海上も賑やかになってきます。
桜が満開になり、海から山桜を眺めながらのクルージングを楽しめます。
ぽかぽか陽気の中少し動くと汗ばんできます。
水温も徐々に上がりはじめ、水温の上昇と共に冬眠していたキュウセンたちが現れます。生れたばかりのスズメダイ・メバルの稚魚たちが浅場の藻場に群れ、かわいい姿も観察できます。
ドライスーツのインナーも徐々に厚着から薄着へ。貼るホッカイロの着ける枚数も減り、心配な方がお腹に貼る1枚程度です。
陽射しが強くなって、日焼け止め対策が重要になってきます。LMでは、サンバイザーが必須アイテムとなります。
注意:油断して昼寝を30分しただけで、真っ赤になります。
5月水温はさらに上昇します。
チヌ(黒鯛)ののっこみが見れるのもこの時期です。白石灯台でも4~5カ所チヌの大群がマイマイするところがあります。銀色に光るシルエットがきれいです。また、石鯛が上がってくるのもこの時期です。シマシマ模様のきれいな姿を見る事ができます。その他、婚姻色のヒメギンポなども見れます。
新緑の季節、あっという間に水中は春から夏に変化し始めます。
ぜひ、この時期の海も楽しみましょう!!
海に出かければ、5月病も吹っ飛びます。
 

 

 
 

 

『WRECK BATTLESHIP 陸奥』コース

 

イメージイメージ

瀬戸内ダイバーなら必須!

日本で誇れる、唯一のポイントを極めるために…

☆コース内容☆

①ガイドによる2日間の陸奥ツアーに参加すること。
陸奥ポイントをじっくり巡ります。

②ツアー終了後、認定証としてサイン入りステッカーを発行!

 

 

『Underwater Digital Photo』コース

 

イメージイメージ

基本的なデジカメの知識や取り扱い方、撮影テクニックを学び

海中の景観や生物を撮影して、素敵な記録を残しましょう!

☆コース内容☆

①1日目:2時間の学科講習を実施

②2日目:海洋実習 学科講習で習ったことを水中で実践

③講習終了後、認定証としてサイン入りステッカーを発行!

 

 

TECH HUNT コース

2012年3月30日スタート

目的
  1. 水深50m~100mまでのダイビングを安全に行うために必要な技術を習得するコース
  2. 水中で、2種類以上のガスチェンジ(空気・ナイトロックス・酸素・ヘリウム等)と安全な減圧停止の経験
  3. 想定されるリスクに対処できるためのトレーニング
受講参加条件
  1. レスキューダイバー(PADI)、ダイブリーダー(BSAC)と同等以上の資格があり、ダイビング本数100本以上の経験、その内5本以上水深30mの潜水経験があること。
  2. ディープスペシャリティーの資格認定を受けていること。
  3. ナイトロックススペシャリティー又は同等の資格認定を受けていること。
  4. 水中スクータースペシャリティーの資格認定を受けていること。

このコースを修了すると....今まで以上に深い知識と経験を活かした安全で楽しいダイビングが可能になります。

例えば....

☆L・M・マリンが発見した深場にある沈船・隠れ根の探索!
まだダイバーが入ったことのないポイントへのチャレンジ!
今注目のサンゴ(モモイロサンゴ等)の観察・撮影!
等々の楽しみと、ダイビングそのものの幅が広がります!

講習開催地

通常減圧停止は潜降ロープ等を利用し長時間の停止をしなければならないので、敬遠されるものですが、鵜来島の全てのディープポイントでは、水深5m~12m辺りの珊瑚礁や岩場で、魚やウミウシ等の観察撮影をしたり、楽しみながら減圧が終わってしまいます。

一年を通じて透視度がよく水温は高く、島周りは多くの深いポイントがあり、短時間(10分以内)でポイントまで移動が可能。 島に休憩所(お風呂あり)もあるので、アフターダイビングもゆったりと過ごせます。 

 
※なぜ水中スクーターが必要なのか?

深い深度では、潜水時間が限られます。

無駄なく広範囲に探索するためには、人力を超えたスクーターを利用した方が、エアー消費も少なく移動時間も短縮でき、効率が良いのは言うまでもありません。

詳しく知りたい方・興味のある方は、TEL・メール等でお問い合わせください。